多治見市長 古川雅典様 核融合科学研究所の「重水素実験」を認めないよう求める署名

 

趣旨

 

1  昨年の 3 月 11 日の震災に伴う福島第 1 原子力発電所の爆発事故により、日本中に放射 性物質が落下する事態となり、私たちの住むこの東濃地域も関東以北ほどではないものの 確実に放射性物質が増加していると指摘がされています。

また、東濃地域には日本最大の月吉ウラン鉱床があり、日本一自然放射線が高い地域で す。これ以上放射能が増えることは避けるべきですが、多治見市、土岐市、瑞浪市及び岐 阜県は、核融合科学研究所との間で放射性物質が発生する「重水素実験」に同意するため の協定書を、3 月中に調印する準備を進めています。

 

私たちは以下の理由でこの「重水素実験」の実施に反対します。

 

 

 

1 「重水素実験」では、厚さ 2 メートルの壁によって阻まれるとはいえ、実験装置か らは最大で年間東海村JCO事故の 5 倍もの中性子が発生します。 また、放射性物質トリチウムも年間最大で 555 億ベクレル(13 秒間で 1 億ベクレ ル)も発生します。トリチウムは水素の仲間で体内に取り込まれやすく遺伝子も傷つ け、内部被ばくが心配されます。除去装置で捕獲し直接外部に放出しないと言いま すが、研究所のすぐそばには人口密集地が広がり小学校も近い事から、私たちはこ の実験に強く反対するものです。

 

2 おびただしい中性子線は周辺機器を放射化、新たに数十種類の放射性物質を産み出 します。さらに、放射性廃棄物を発生させるような核融合エネルギーはクリーンで はありません。また、研究開始から 50 年さらに 30~50 年かけても実現できるかわ からないような核融合研究は疑問です。

 

3 多治見市は、核融合科学研究所による第 3 者委員会の「安全評価委員会」等によっ て「重水素実験」の安全性が担保されたとしていますが、委員会は核融合研の内部 組織に属する方や推進の立場の委員が 16 名中半数以上を占めています。このような 安全評価をもとに「安全」の判断をするのは公正ではありません。

 

岐阜県知事への申し入れ書

 

署名のご協力をお願いいたします。

【署名に関するルール】
■2月20日までに回収 ■自筆で中学生以上の方 ■氏名等の個人情報は他の目的には使用しません。

核融合科学研究所の「重水素実験」を認めないよう求める署名ダウンロードはこちら

核融合は本当に夢のエネルギーでしょうか?(チラシ)ダウンロードはこちら

 

できるだけ自筆で送っていただけると助かりますが、どうしても難しい方は電子署名だけでもお願いします。自筆で行う方は重複しますので、電子署名はなさらないでください。電子署名を取り消される場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 

 

私たちは以上の理由から、放射線の被害を最も受ける胎児、乳児、子どもの立場にたっ て、下記の事を強く要請します。

 

子ども埼玉ネットバナー

Twitterボタン

子ども全国ネットバナー

掲載メディア