採択を受けて会から市への要望

会として提出した請願が議会で採択されたことを受けて、市長さんをはじめとする市の執行部に要望をお伝えしました。その主な内容です。

 

 

◉教育長への要望

 

インフルエンザ対策のように、学校から児童父兄に放射能対策について周知をする

リーフレットなど作成検討

 

 各学校を計測し、詳細な汚染マップを作成する→学校単位で公表 父兄からの申し入れを受け入れる旨、校長への通知(自主的行動を尊重する

 

 除染の具体的な方法→水拭きモップ、デッキブラシを各学校に購入→高圧洗浄機を校区ごとに購入し、PTA・自治会に貸し出す

 

期日を決める PTA連合会・自治会へ協力要請 

 

親子での草むしり 内部被ばくへの配慮を通知(マスク・手袋の着用を勧める)
 
校外・屋外での活動場所を計測し安全確認をしてから実施する
 
EM菌の活用を検討(草加市では震災前からプールヘドロの軽減のために使用している)
 
マスク・手洗いの徹底、校内に砂埃を持ち込まないような指導
 
環境教育の一環として児童への放射能への知識の普及
 
 放射能と被ばくについての知識を教育者に普及する。
 
心配する保護者は弁当を持参してよいことを学校単位にお便りで父兄に通知 
 
専門家を呼び勉強会を開催することへの協力要請→9月11日(日)崎山比早子先生 講演会 サンシティ・ポルティコホール
 

 

小学校 現在学校単位で対応が違う 


小 汚染マップ作成済み 教育員会提出済み 4月からお茶持参可能

  PTAで除染の検討 マスク手袋を掃除に持参可をお便りで通知

 

・ O 小 汚染マップ作成済み 2.27uSv/h 撤去済み

 

・ S 小 汚染マップ作成済み 教育員会提出済み 0.15uSv/h 東越谷小

 

・ OM 小 自主計測汚染マップ作成予定

 

K 小 自主計測済み 側溝掃除済み

  (取り除いた汚泥、例年は校庭に散布するが今年は保管)

 

MB 小 汚染マップ作成済み 0.2uSv/h 

     0.14uSv/h(教室)0.15~0.18uSv/h(校庭)

 

・ M 小 プールのヘドロ掃除をしてしまった。

    牛乳を飲まない生徒は、お昼にお茶を飲ませない

 

OK 小 計測拒否。風評被害につながるといわれた。

 

 

幼稚園 

 

K 幼稚園 土壌検査済み セシウム134/137 300Bq/kg 除染の必要があればやる

 

W 幼稚園 0.2uSv/h 自主計測


保育園 

 

・K 保育園 計測拒否。市からの指導を待つ。

 

 

◉市長への要望

 

公園の計測と除染

 

公園の詳細な汚染マップ作成→除染 すべての公園で行うことが無理なら、地区を分けてまずは一カ所でもいいから放射能汚染のないクリーンな公園を作る。市民への公表 

原発事故前の数値0.03~0.04uSv/hを目指す


 

越谷市としての取り組みをお願いする

 

   川口市 独自の数値を決定

   草加市 給食の産地公開、田中優さん講演会の後援、保育園の園庭と砂場を計測

   戸田市 給食食材の放射能値を測定公開予定

(上記3市は地上5㎝でも計測している)

 

屋内換算値を使うのではなく校舎内も計測し、実測で年間の被ばく量を計算する

 

食品の放射能検査機購入を検討していただく(小金井市を参考にする)

 

 専門家を呼び勉強会を開催することへの後援

 

市民への放射能汚染への注意の呼びかけ(特に内部被ばくについて)

 

 

子ども埼玉ネットバナー

Twitterボタン

子ども全国ネットバナー

掲載メディア