明るく楽しい放射能リスク学習会@県民健康福祉村

測定会の目的

  1. 測定器の特徴比較。自分の測定器をお持ちください。私のシンチと比べましょう。
  2. 現在。どこが汚れているか、どこがきれいか。
  3. 未来。初夏に向けて、この汚れはどう動くか。いつまで続くか。

 

 

1時間ほど前から先生が10カ所ほど測った結果・・・

 

ここはきれいです。ここは子供を連れてきて遊ばせても良い場所。

でも汚れている所もある。

 

先生が持っている線量計 

  • クリアパルス Mr.Gamma シンチレーション
  • Soeks ガイガー
  • エステー エアカウンター・エアカウンターS (おすすめ)

 

3月芝生にセシウムがつもると芝生の間に入って(セシウム)が動かない。

その後、埃が舞って少し増えている。先生の予想では2割程増えている。

例えば畑に行くと耕しているので線量は低い。

 

5mはなれただけで数値が変わる。

SOEKSは使い物にならない(ここでは)0.2μSv/hくらいから使える。

Radexも低線量では使えない。

ガイガーカウンターは直置きするとβ線を拾うため高く出るので、

地上1mで測るのが望ましい。

 

エアカウンターは0.5μSv/hくらいで正しい数値を出す。

0.1μSv/hを下回っているから、低すぎてうまく測れない。良い所と言える。

正確な数値を知ったからといって生きる死ぬは関係ない。

 

マサ(校庭の砂と同じような砂)越谷にはない。

元々数値が高い。花崗岩の自然放射線の影響(カリウムが高いため)

 

機種別 比較一覧表      単位はいずれもμSv/h 

場所 Mr.Gamma エアカウンターS HORIBA Radi MKS05 RADEX1008
芝生(1m) 0.07 0.06 0.07 0.09 0.10
芝生(直置き) 0.09 0.10 0.10 0.17 0.11
雨樋 0.36 0.34
マサ(花崗岩) 0.17 0.10 0.11 0.13 0.16

※ Mr.Gumma、エアカウンターSは早川先生所有、その他の機種は会のメンバーの

 所有している測定器です

5月にどうして運動会をしてはいけないのか

気温が高くなる、太陽高度があがって地面をものすごく乾かす。
ホコリがたつ=セシウムが舞う。これは10年くらい続く。
4月、5月は関東にいない方がいい。

風が強い日は学校を休ませても良いと思う。

運動会は一日だけではない。練習もある。

運動会を5月から10月に変更するだけで被曝量は10分の1になる。

 

2、3月は...

気温が上がって乾燥して風が吹く日は危険。

毎日ではないので黄色信号。

 

昨年の3月にとてつもない量のセシウムが出た。今は微々たる量。

風、ホコリに注意する。

 

ホコリはどのくらい舞うのか

ホコリ(セシウム)は縦100m 横100m飛散する。

せいぜい1km、10kmもこないので東葛からは(セシウムは)来ない。

福島方面からの風も気にしなくていいが、隣の家が畑だったらどんどん来る。

 

昨年3月はどうだったか

福祉村は昨年3月21日の雨で汚染された。

3月15日は通過しただけだが、1μSv/hはあった。

越谷で3月15日10時〜11時に子供を外で遊ばせたかどうか。

 

ホコリがセシウムです。出来るだけ毎朝水拭きする事。

 

山について

今、山は危険。

浅間山は0.1μSv/hくらい←大丈夫

妙義山は0.3μSv/hくらい

 

芝生はホコリが立たないのではないか?

ホコリは全面芝生の所だったら心配しなくて良い。

 

木のベンチについて

福祉村0.07μSv/h ここは安全。

木のベンチは染み込んでいるから座らない方が良い。

浅間山には3月以降作ったベンチがあるから、そこは安全。

 

▼こちらのリンク先より当日の動画がご覧いただけます。

http://www.ustream.tv/recorded/20705814/highlight/244621

 

 

子ども埼玉ネットバナー

Twitterボタン

子ども全国ネットバナー

掲載メディア