崎山比早子先生 講演会 放射線の健康への影響

会主催 2011年9月11日(日)越谷コミュニティセンター 小ホール 

 

崎山先生講演会

「放射線被ばくに安全のしきい値はないのです!年間1ミリシーベルトと言うのは、ベネフィットと引き換えにした、我慢の許容値です。」そうおっしゃる崎山先生のお話に、驚かれる方もいらっしゃいました。

 

会のスタッフの努力もあり、越谷市中の小中学校と保育所に37,000枚のチラシを配布し、約300名の市民のみなさんにお越しいただきました。

NHKさんの取材が入り、市長、教育長、市議会議長からメッセージをいただき、越谷市議会議員さんも7名お越しくださいました。

 

崎山先生講演会 熱心にメモを取られる方、質問をされる方、今後の発展に繋がる素晴らしい講演会になりました。私たちの活動が、実を結んできたことを感じられる一日でした。

お手伝いくださった、たくさんのスタッフメンバーの方、ご協力くださった新聞社や市の職員の方、そして何よりお越しくださったみなさまに、厚くお礼を申し上げます。

今後の活動に繋げていくことを、会のみなさんと約束しました。

 

 

野呂美加さん講演会

子どもたちが健やかに育つ会・越谷/さいたま

自然育児友の会・越谷お茶会

むすびカフェの共同開催で

NPO法人チェルノブイリのかけはし」代表・野呂美加さんの講演会を行いました。

 

チェルノブイリのかけはしでは、1986年のチェルノブイリ原発事故で

一番汚染被害の大きかったベラルーシの子どもたちを、日本に保養に招待し

汚染のない場所で体内にたまった放射性物質を排出させて

元気にして送り返すという活動を19年間続けてきました。

 

その実績とノウハウから、現在日本での汚染状況の中

私たちができること、子どもたちに気をつけて上げることを

教えていただきました。

 

定員90名の会場を予約しましたが、告知して1日で定員に達し、お申し込みは130名にものぼりました。どれだけ関心が高かったのかがよく判ります。

 

この動画はダイジェスト版ですが、要点が押さえられています。

野呂さんの温かい人柄に勇気づけられました。講演会は継続的に行われているのでお聞きになりたい方はこちらからスケジュールをご確認ください。

子ども埼玉ネットバナー

Twitterボタン

子ども全国ネットバナー

掲載メディア