暫定基準値について

 

現在の暫定基準値が、福島原発事故後に引き上げられたことは皆さんご存知だと思います。では、どのくらい上がったのでしょうか?

 

まず世界の水道水の放射線基準値は下記のとおりです。 (単位 Bq/L) ※1

 

WHO基準 1ベクレル
ドイツガス水道協会     0.5ベクレル
アメリカ法令基準 0.111ベクレル    

3月17日までの日本の基準値(単位 Bq/L)

 ヨウ素I-131  10ベクレル      
 セシウムCs-137      10ベクレル

 

日本には放射能に関する飲料水基準は無く世界保健機関(WHO)基準相当を守っていました。飲料水中の放射性核種のガイダンスレベル(WHO) です。

しかもセシウム-134とセシウム-137の合計値が370Bq/kg。基準値を超える物は輸入させないというものでした。 ※2

 
食品中の放射能濃度の暫定限度は、日本の国民一人一日当たりの輸入食品の摂取量を考慮した上で、放射線防護の国際専門機関である国際放射線防護委員会 (ICRP)の1990年勧告「公衆の被ばく線量限度は1年間に1ミリシーベルト」も十分に下回る量として設定されています。

 

●3/17以降・現在の日本の暫定基準値

 ヨウ素(I-131)          
300ベクレル(Bq/L)  
飲料水 300 Bq/kg
牛乳・乳製品 300 Bq/kg
野菜類 (根菜、芋類を除く) 2,000 Bq/kg
 セシウム(Cs-137)
200ベクレル(Bq/L)
飲料水  200 Bq/kg
牛乳・乳製品 200 Bq/kg
野菜類 500 Bq/kg
穀類 500 Bq/kg
肉・卵・魚・その他   500 Bq/kg

※100 Bq/kg を超えるものは、乳児用調製粉乳及び、直接飲用に供する乳に使用しないよう指導すること。


厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知

 

ドイツ放射線防護協会はチェルノブイリ事故の被害から、 乳幼児、子ども、青少年には4Bq/kg以上汚染された飲食物を与えないようにと、日本政府に対して3月20日に提言しています。

 

現在の日本の基準が、どれだけ緩いものかはイラストで分かりやすくなっているのでぜひご覧になってください。日本の基準値はベラルーシの54倍にもなります。

世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル

 

 

厚生労働省は、「暫定基準値に従うと1年間で17ミリシーベルトの被ばくになる」市民団体との交渉で認めています。これを聞いて「基準値以下のものしか市場に出回っていないから安心してください」と言われても、少しでも子どもたちの被ばくを減らしたい母親としては、とうてい納得できるものではありません。

 

 ※1 出典は下記です。203-204ページ、表9-3参照
http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf

  ※2 愛知県衛生研究所 2006/04/28

http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/chernobyl.html

 

子ども埼玉ネットバナー

Twitterボタン

子ども全国ネットバナー

掲載メディア